本屋大賞 受賞作

待望の映画化!

羊と鋼の森

 

小説のお話です。

志紀センターの過去のブログで、

「羊と鋼の森」宮下奈都さんの単行本をご紹介した事がありますが

2018年2月10日に文庫本も発刊されました。

何度も読み返してしまう程、すごく良い物語です。

 

 

 

※ネタバレご注意※

この物語は、

1人の青年が高校生の時に、ピアノ調律師さんと出会います。

その彼が調律したその音に、魅せられ「トーン」「トーン」と音を聴いただけで、森の匂いを感じる。

将来の夢を持っていなかった青年は、その彼に憧れ、調律の職に魅せられピアノを触ってみたいと思い・・・

この先、青年はどうなるのか。これからピアノに関わる人たちに支えられながら沢山の人と出会い、時に迷い悩みながら成長していく物語です。

 

感動します。

是非、読んで見て下さい!

 

映画は、

2018年6月8日 公開です。

 

辰己

 

あなたのお家のピアノは、大丈夫ですか?

調律のことなら、小阪楽器店へ